無料イラスト【イラストAC
イラストレーター こーじさんのプロフィール/無料イラストなら「イラストAC」をイラストACでチェック!

フリーフォント明朝体編

2020.05.26 Tuesday

JUGEMテーマ:Adobe Illustrator

 

本分に使う明朝体はなかなか選ぶのが難しいですね。いつも悩んでしまいます。

今回は、フリーで使える明朝体フォントです。

フリーの明朝体は検索するといろいろ見つかりますが、本分用となるとそう沢山は無いようです。

 

明朝

 

最初の2つのBIZ UD明朝体はモリサワがフリーで提供しているUDフォントです。

横線が太めで白抜きでも大丈夫そうです。濁点など小さな文字でも見やすく、さすがにUDフォントです。

リードなどによく使わせてもらってます。

アプリ明朝もやや横線が太めで時々使います。

 

この頃は、異常にフォントが沢山販売されていて困る時もあります。

他の人からアウトラインのかかったデータの修正時に同じフォントが無くて、どうしようもなく文章全体を違うフォントに変えないといけない場合も出てきました。

特に大手の会社のデザインデータは私が持っていないようなフォントが使われていて困ります・・・。

フォントも高くて個人ではなかなか手が出ません。(汗)

 

※見本のフリーフォントは、フォント名で検索すればダウンロードサイトがヒットすると思います。

(使用条件などご確認下さい)

 

 

角のない飾り罫に擬似的に角をつける

2020.04.29 Wednesday

JUGEMテーマ:Adobe Illustrator

 

長方形に角の設定のないブラシパターンを適用すると、角が繋がらずに隙間があいてしまいます。

p

 

角が無いけど、この飾りを使いたい。そんなときには、アピアランスで長方形に角丸効果を適用してみます。

 

 

 

半径は、ブラシの種類によって、うまくいく時と数値を大きくしないと角が出来ない時があります。

出来るだけ小さな半径にします。

ちょっと、無理矢理の感じもありますが、とりあえずできます。(^_^)

きちんと作りたい時は、アピアランス分割して自作したほうがいいですが・・・。

 

 

こんな感じで、ちょっとイビツなコーナーのできあがりです。

葉のアートブラシ

2020.04.25 Saturday

JUGEMテーマ:Adobe Illustrator

 

 

葉のシルエットブラシを作りました。

背景などにどうぞ。

 

 

ダウンロードは

 

こちら

 

ダウンロード方法は前の記事(ファスナー)をご覧下さい。

 

ファスナーのパターンブラシ

2020.04.24 Friday

JUGEMテーマ:Adobe Illustrator

fastener

 

ファスナーのパターンブラシです。開いた時と、閉じた時があります。持ち手はシンボルに登録してあります。

色はグローバルスオッチにしてありますので、簡単に変更できます。

下のようなデザインに使えるのではと思い作りました。

 

さんぷる

 

よろしければ、ダウンロードは下記(ドロップボックスリンク)からどうぞ。

 

こちら

 

 

ドロップボックスのページが開きますので、右上の↓(ダウンロードアイコン)をクリックしてダウンロード下さい。

Illustratorでスミ1色から校正用に色をつける

2020.03.14 Saturday

Illustratorでスミ1色で作成したものを、印刷されるインキの色で校正しないといけない場合があります。

以前は、文字等はグローバルカラーで作って、画像はPhotoshopでインキの色に加工していたのですが、手間がかかります。

検索したら大変便利な方法がありましたので、紹介させて頂きます。

「OMGmag」というデザイナーさんのブログで分かりやすく解説されています。ありがとうございます。

 

私も実際にやってみました。

 

スミ1色のイラレファイルです。(私の個展の時のDMを1cに落としたものです)

 

次に全てを選択してグループ化します。

 

グループ化したら、全体を覆うサイズで変換したい色ベタを乗せます。

 

ベタを背面に移動させます。

 

↑こうなります。次に背面とグループ化された素材を全選択して、「透明」タブのオプションメニューから「不透明マスクを作成」を選択します。

 

↓こうなります。

これでは、ネガ状態なので、続けて「マスクを反転」にチェックを入れます。

 

みごとに全体が指定色になりました。

(トンボが消えているのは、最初のグループ化の時に選択しなかったからです。)

変換したい色は、DICなどのスウォッチやグローバルカラーなどを使うと後々便利です。

 

校正用ファイルとして別名で保存します。

もちろん、印刷所に渡す時はインキ色指定とスミ1色のファイルです。(^_^)

 

配置画像が無い場合は、「オブジェクトを再配色」を使うのも便利です。

イラレ…光彩の二重がけ

2019.12.09 Monday

Illustratorでは「効果」ー「スタイライズ」ー「光彩(外側・内側)」で簡単にぼかしを掛けられますが、1回の適用では不自然なぼかしができてしまいます。(下図の愛1番目)

 

光彩

そこで、光彩を2回適用します。(上図の愛2番目)

(光彩(内側)の項目を選択しておいて、下のゴミ箱のアイコンの左のページ風のアイコンをクリックすると複製されます)

このままでは強すぎますので、2つの光彩効果の数値を調整します。

上の光彩を短く強めに設定すると自然なぼかしができるようです。(上図愛3番目)

 

イラレCS5からCS3へのアピアランス分割

2019.11.17 Sunday

Illustrator CS5で「ブラシ」を使ったパスをCS3ファイルにダウングレードして保存すると、困るのがアピアランスが分割されてしまうこと。

なんとかならないかと、回避方法を検索してみても見つからない。仕様なので諦めるしかないのでしょうか・・・(^^ゞ

下の画像のようにCS3で保存するとパスが無くなってしまうので修正に困ります。ブラシのパネルにはブラシ自体は残っているので、パスで再描画すればいいのですが・・・。

今は、古いMacG5でCS3が動くので修正していますが、G5やCS3がいつまで使えるか不明です。

どうなることやら・・・。

 

 

アピアランスが分割


写真素材無料【写真AC】